2020年「鉄道」はこうなる! 新夜行特急 新新幹線車両 全線復旧 新駅 廃線 去る車両

2020年、鉄道では虎ノ門ヒルズ駅など新駅の開業や「N700S」など新型車両の運転開始、富山や神戸ではサービスの一体化が予定されています。そして長期間不通だった区間の運転再開や、一方で路線廃止も。どんな一年になるでしょうか。

1月~3月、ダイヤ改正のほか、災害から復旧する路線など

 2020年、鉄道にはどんなことが予定されているでしょうか。おもな内容を見ていきます。

銀座線の渋谷駅が移設してリニューアル開業

 1月3日(金)、東京メトロ銀座線の渋谷駅が明治通り上空へ移設され、始発から供用開始されます。

Large 191225 carender 01

拡大画像

東京メトロ銀座線 渋谷駅の新駅舎イメージ(画像:東京メトロ)。

 この工事は2009(平成21)年から進められていたものです。2019年12月28日(土)から2020年1月2日(木)にかけて、最後の線路切替工事とホーム移設工事が行われます。

 新駅舎は「M」をモチーフに湾曲したホーム屋根が特徴。ホームは6mから12mに拡幅、バリアフリー設備も拡充されています。

富山の路面電車が南北一体で運行

 2月22日(土)、富山ライトレールが富山地方鉄道に吸収合併されます。あわせて、両社が富山駅の南側と北側でそれぞれ運行している路面電車の線路が接続され、一体運行が行われます。

 運賃は現行の制度が維持され全線均一。大人が210円、子どもが110円です。

Large 191225 carender 02

拡大画像

開業時の起点、富山駅北停留場の富山ライトレール。新線は、JRなどの富山駅をくぐり富山地方鉄道と接続する(2008年12月、児山 計撮影)。

ダイヤ改正で新車デビュー、常磐線や三陸鉄道が全線復旧

 1997(平成9)年に登場し、東海道・山陽新幹線を走った700系電車が、3月8日(日)をもって東海道新幹線から引退します。最終走行列車は東京9時47分発の臨時「のぞみ315号」で、「『ありがとう東海道新幹線700系』のぞみ号」として運転されます。

 3月14日(土)は、JR・私鉄各社がダイヤ改正を行います。新型車両ではJR東日本の「サフィール踊り子」、近畿日本鉄道の「ひのとり」などの特急車両がデビューします。ほかにも輸送力が増強され、東海道新幹線の「のぞみ」が最大で片道毎時12本運転されるほか、JR西日本の関空特急「はるか」の全列車9両編成化、JR北海道の快速「エアポート」の増発など、空港利用客に対応したサービス改善も目立ちます。

Large 191225 carender 03
高輪ゲートウェイ駅の駅舎内イメージ(画像:JR東日本)。

 また同日には、JR東日本の高輪ゲートウェイ駅(東京都港区)が開業します。東日本大震災の影響で、最後まで不通となっている常磐線の富岡~浪江間は、年度末までの全線復旧が予定されています。

 3月20日(金)は、台風19号の影響で一部運休していた三陸鉄道が全線で運行を再開します。復旧後の3月22日(日)には、東京五輪の聖火を乗せての運行も予定されています。

【写真】写真で見る2020年の鉄道いろいろ

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. ボックス席が無くなったら、横須賀〜総武快速線はますますグリーン車に需要が集中しそうだなあ。