E131系電車を房総・鹿島エリアに導入 2021年春ごろ営業運転開始 JR東日本

内房線、外房線、鹿島線に投入予定です。

Large 200512 jree131 01
E131系電車の外観イメージ(画像:JR東日本)。

 JR東日本は2020年5月12日(火)、房総・鹿島エリアに新型車両のE131系電車を導入すると発表しました。

 投入線区は、内房線の木更津~安房鴨川間、外房線の上総一ノ宮~安房鴨川間、鹿島線の佐原~鹿島神宮間です。

 現在の209系電車と比べて、E131系は車体の幅を広げ、座席幅も拡大します。1人あたりの幅は460mmです。座席の一部はボックスシートで配置されます。

 各車両に、車いすやベビーカーを利用する人向けのフリースペースを確保するとともに、車いす対応の大型洋式トイレも設置し、バリアフリー化を推進。また、客室内に防犯カメラも導入します。

 車両側面にもカメラが設置され、乗務員が運転台から乗客の乗降を確認できるようにするなど、ワンマン運転に対応した機器が搭載されます。

 車両外観は、JR東日本によると、優雅で生命感のある房総の海をイメージした明るい青色と、内陸を彩る菜の花の色をイメージした黄色の帯とし、前面は房総の海の波しぶきをイメージした水玉模様のデザインです。

 E131系は2両編成を12本、計24両を新造し、2021年春ごろから営業運転を開始する計画です。

【了】

【画像】E131系の車内イメージと投入区間

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント