東武×メトロ「THライナー」運転初日「報道陣向け乗車体験会」レポ 配線図 関係者の声

東武伊勢崎線と東京メトロ日比谷線を直通する、新しい座席指定制列車「THライナー」。その運行初日に久喜~霞ケ関間で行われた「報道陣向け乗車体験会」をレポートします。西新井駅の新渡り線、緩行線で駅通過などが体験できました。

東武伊勢崎線~東京メトロ日比谷線の新列車「THライナー」乗車体験会

 東武鉄道の新しい座席指定制列車「THライナー」が2020年6月6日(土)、運転を開始。その日、久喜発恵比寿行き「THライナー4号」で行われた報道陣向けの乗車体験会に参加しました。

 久喜駅から東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)を疾走したのち、新設の渡り線で急行線から緩行線に進路を変更。運転停車して、東京メトロ日比谷線へ潜っていきます。

Large 200606 th02 01

拡大画像

運行初日「THライナー4号」の座席指定券(2020年6月6日、恵 知仁撮影)。

 この記事では、実際に運行初日の「THライナー4号」へ乗車したレポートと、西新井駅付近に新設された渡り線の配線図、東武鉄道、東京メトロ、ホリプロの関係者コメントをお届けします。

「THライナー」久喜の次は上野

 乗車体験会は、JR宇都宮線と接続する東武伊勢崎線の久喜駅(埼玉県久喜市)からスタート。9時23分の発車後、流れた自動車内放送に、少々ビックリします。

「次の停車駅は、上野です」

 JR宇都宮線でも久喜から上野まで直通で行けますが、「THライナー」は「次の停車駅が上野」です。まあ、次の降車可能駅が上野なので、乗客向けにはそう案内されるだけですけども。久喜から上野までは結構な距離があるため(JRだと45.5km)、楽しい違和感です(放送では、その前に乗車のみの駅に止まることもあわせて伝えられる)。

Large 200606 th02 02

拡大画像

久喜駅で行われた「THライナー」運転開始のセレモニーは、新型コロナ対策から駅長による出発合図のみ(2020年6月6日、恵 知仁撮影)。

「THライナー」は、久喜を出ると東武動物公園、春日部、せんげん台、新越谷、上野、秋葉原、茅場町、銀座、霞ケ関と停車し、以降、終点の恵比寿まで各駅に止まります。久喜から新越谷までは乗車のみ可能な駅、上野から銀座までは降車のみ可能な駅、霞ケ関からは座席指定券不要のフリー乗降区間です。

 乗車のみ可能な駅、降車のみ可能な駅では、1両に4か所ある乗降用ドアのうち、ひとつが開きます。

初日の上り「THライナー」は満席

「THライナー」の発売は1列車あたり299席で、東武鉄道によるとこの6月6日(土)、運行初日の上り列車(2号と4号)は満席だったとのこと。

 なお、報道向け体験会が行われているこの「THライナー4号」については、7両編成のうち久喜方の2両はその体験会車両で、一般向けに席が販売されたのは浅草方の5両です。

Large 200606 th02 03

拡大画像

車内モニターには久喜発車後、次の駅は東武動物公園と出る(2020年6月6日、恵 知仁撮影)。

「THライナー4号」は、春日部駅を9時38分、『クレヨンしんちゃん』の発車メロディが流れたあとに発車。隣の一般向け車両をざっと眺めた限り、席は埋まっていました。車外に目を向けると、駅などでこちらへ向けられたカメラ、スマホを幾度となく見ました。

鉄道ファン的な見どころ 「THライナー」運転にあわせて設置された渡り線

 さて、埼玉県から東京都へ入ると、まもなく西新井駅を通過します。ここがひとつ、鉄道ファン的な「THライナー」の見どころです。

 東武伊勢崎線の北千住~北越谷間は複々線ですが、途中にその急行線と緩行線を結ぶ渡り線がありませんでした。

残り2862文字

この続きは有料会員登録をすると読むことができます。

2週間無料で登録する

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道を中心に、飛行機や船といった「乗りもの」全般やその旅について、取材や記事制作、写真撮影、書籍執筆などを手がける。日本の鉄道はJR線、私鉄線ともすべて乗車済み(完乗)。2級小型船舶免許所持。鉄道ライター/乗りものライター。

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」