『半沢直樹』でドラマ初登場 羽田空港の眠れるエリアとは オープンから13日で一時閉鎖

ドラマ『半沢直樹』の帝国航空編では、供用開始からわずか13日で一時閉鎖となった羽田空港の「休眠」エリアが撮影に使われました。初めてテレビドラマロケに使われたこのエリアはどのような施設で当日の様子はどうだったのでしょうか。

2020年3月29日オープンの羽田T2国際線エリア

 TBS系列のテレビドラマ『半沢直樹』で新章となる帝国航空編が2020年8月16日(日)から始まりました。航空会社の再建がテーマとなっていることから、撮影にも実際の空港施設が多く使われています。

Large 200821 hnd 01

拡大画像

建設中の羽田空港第2ターミナル国際線エリア(2020年、乗りものニュース編集部撮影)。

 そのなかで使われた施設のひとつが羽田空港です。実は、日本最多の利用者数を誇る同空港のなかにも、言ってしまえば「休眠状態」のエリアが存在します。『半沢直樹』の撮影は、そこで実施されたものでした。

 ANA(全日空)などが乗り入れる同空港の第2ターミナル南側には、国際線エリアが存在します。第2ターミナルは当初、国内線専用の施設として運用されていましたが、2020年3月から羽田空港の国際線が大幅に増えることを受け、一部エリアを拡張。3月29日に供用を開始し、ANA(全日空)の一部国際線が発着するようになりました。

 ところがそこを襲ったのが新型コロナウイルス感染拡大による航空需要の大幅な減少です。この影響で4月11日から当面、国際線エリアが閉鎖されることになります。オープンはわずか13日間でした。8月現在もこのエリアの再開は未定です。

写真でサッと見る羽田空港の「眠れる」エリア

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 羽田空港に仮眠ができるエリアがあって、
    ドラマで有名になって混雑したため一時閉鎖になったのかと思った。
    (ドラマ見ていない勢)