インドの日系駐在員の「モノ不足」を救うべく… JAL&ヤマトがタッグ 物資輸送を支援へ

新型コロナで滞留しているのは人の流れだけじゃありません。

 JAL(日本航空)とヤマトホールディングス傘下の、ヤマトグローバルロジスティクスジャパン(東京都中央区)は2020年8月27日(木)、日系および日本に拠点を持つ外資系企業の駐在員とその家族を支援する取り組みを開始すると発表しました。

Large 200709 int 01

拡大画像

JALの飛行機(2020年、乗りものニュース編集部撮影)。

 この第一弾としてインドにおいて、JALの旅客機を使った貨物専用便を活用し、利用者が日本の通販サイトなどで購入した食材や衣料品などの生活物資を輸送するサービスの提供を9月1日(火)から開始。JALは日本からインドへの貨物輸送などを、ヤマトグローバルロジスティクスはインド国内の通関、配送に係る業務などを担います。

 JALによると、新型コロナウイルスの影響で、インドで従事する駐在員とその家族は、出入国制限や国際線の減便、運休の影響により国を跨ぐ移動だけでなく、物資輸送ルートも限られているため、日本の食材や衣料品などの生活物資を取り寄せることも難しい状況とのこと。駐在員を派遣する企業側の要望を受け、これらの取り組みを開始するといいます。

 JALは、今後もこれを皮切りに、インド以外の国や地域への展開や、ネットワークを活かしたサービスの拡充なども検討していくとのことです。

【了】

表でサッと見る 「インド駐在員への物資輸送支援」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント