ANAに大型貨物機「ボーイング777F」登場 機内は巨大空間&座席も! 日本の航空会社初

ANAグループが大型の貨物専用機であるボーイング777F型機を導入。その初号機を羽田空港で披露しました。日本の航空会社での導入はこれが初。アジア・中国~北米間での危険品、特殊品輸送などを担います。

搭載重量、B767Fの約2倍!

 ANAグループが、大型の貨物専用機であるボーイング777F型機を導入。その初号機(機番:JA771F)を2019年6月13日(木)、羽田空港で報道陣へ披露しました。

Large 190613 anacargo 01

拡大画像

羽田空港で披露されたANAカーゴのボーイング777F型機(2019年6月13日、伊藤真悟撮影)。

 ボーイング777F型機は、旅客機のボーイング777-200LR型機をベースにした大型の貨物機で、日本の航空会社でこれを導入するのはANAグループが初めて。2機が導入され、「BLUE JAY(ブルージェイ)」という、北米に生息する青い翼の鳥の名が愛称として与えられます(日本名はアオカケス)。機体後部の左側には、そのマークも描かれました。

 装備エンジンはGE90-110B1。スペックは次の通りです(カッコ内は現在、ANAカーゴが運航している中型の貨物機ボーイング767-300F型機のもの)。

・全長:63.7m(54.9m)
・全高:18.6m(15.9m)
・全幅:64.8m(47.6m)
・実用航続距離:9070km(6056km)
・搭載重量:10万2010kg(5万1660kg)

 表記した「実用航続距離」は、最大搭載(満席+最大貨物物流搭載)で就航可能な距離。従来のボーイング767-300F型機と比べ実用航続距離は約3000km長く、搭載重量は約2倍になっています。

 ANAグループは、中長期的な需要拡大が見込まれるアジア・中国~北米間において、航空機エンジンや半導体製造装置、リチウムバッテリーや医薬品といった危険品や特殊品を大量に輸送できる大型貨物機として、このボーイング777F型機を導入。7月2日(火)より、成田~関空~上海~成田線で運航を開始する予定です。

【了】

【写真特集】ボーイング777F機内 輸送関係者用の座席も

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. アオケカスってどんな鳥?