自動車に常備の「発炎筒」思わぬ落とし穴に注意 LEDタイプとの違いは

LEDライトは発炎筒の代わりになるのか

 発炎筒の代わりに「非常用信号用具」として認められているものに、LED式赤色ライトがあります。

 こちらは乾電池で光るもの。発炎筒と違って使用期限もなく、電池を入れ替えれば何度でも使用できます。懐中電灯と同じスイッチ式であり、炎も出ないため手に持って扱いやすいというメリットがあります。

 カー用品店「オートバックス」を展開するオートバックスセブンによると、LED赤色ライトのシェアはほとんどなく、いまだ発炎筒の購入が一般的とのこと。LED赤色ライトの市場価格は、発炎筒の倍ほどが相場。金額としては数百円の差ですが、発炎筒を買い替えるタイミングの多くが車検時のため、「少しでも車検費用の総額を抑えたい」という考えになるのが理由だそうです。

 なお、LED赤色ライトには使用期限がありませんが、内蔵する乾電池には寿命やバッテリー残量があります。いざという時に電池切れということがないよう、日頃の点検時に点灯するかどうかチェックしておきましょう。

【了】

【画像】いざという時のために!発炎筒の使い方

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 昼間だと点いてても気づかないかも?