「日本初」のものも! JAL CA訓練などに「仮想現実」導入を続々推進 再現度は?

再現度が結構高いのもポイントです。

 JAL(日本航空)がCA(客室乗務員)の訓練をはじめとする、スタッフの研修時にVR(仮想現実)を使った取り組みを推進しています。

Large 201003 vr 01
JALが実証実験するCAの「VR訓練」のイメージ(画像:JAL)。

 10月13日(火)から30日(金)まで、最大4人でできるマルチプレイVRを活用した「CA訓練」の実証実験を実施。機内環境を再現した仮想空間のなかで、CAが出発前の機内準備に必要な動作や手順などを単独、チームプレーで学びます。VR機器は持ち運びが可能なため、場所や時間の制限を受けず使用でき、効率的な訓練の実施が期待されるとのこと。この取り組みは、日本の航空会社では初のことといいます。

 また、JALグループ社員を対象に実施されている、緊急時にCAとともに適切に援助できるよう緊急事態の知識と実際の対応方法を学ぶほか、援助者の重要性理解を目的とした「緊急脱出研修」、こちらも8月からVRでの受講方式を導入しています。

【了】

再現度けっこう高いかも! JALのCA訓練の「VR画面」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント