名物「セクシー制服」も見納めか? エアアジアJ日本撤退 しかし海外から「黒船」が…

事業終了が発表されたLCC「エアアジア・ジャパン」の最大の特徴といえば、胸元が大きく開き太ももにスリットが入った真っ赤な「セクシー制服」です。しかしこの制服、同社が撤退してもまだ見られそうです。

日本では中部空港を拠点にして4路線に就航

 中部空港を拠点とするLCC(格安航空会社)、エアアジア・ジャパンが、新型コロナウイルス感染拡大の影響をうけ事業の継続が難しいと判断、2020年12月をもって終了すると発表しました。現在もコロナ禍で全路線を運休しており、飛ぶことがないまま幕引きとなる見込みです。

Large 201006 ca 01

拡大画像

初代「エアアジア・ジャパン」の飛行機(画像:Alec Wilson[CC-BY SA〈https://bit.ly/3d326dv〉])。

 路線数は4つ。多くの航空会社が成田空港や羽田空港に乗り入れる一方で、同社はこの2空港への乗り入れはありません。日本においては「目立ちにくい航空会社」ともされる同社には、どのような特徴があるのでしょうか。

 エアアジア・ジャパンで最も目を引くのは、CA(客室乗務員)の制服でしょう。

 ひと言でいえば「セクシー」もしくは「グラマラス」で、同社のトレードカラーをふんだんに使い「上下真っ赤」。スカートの丈は、ほかの航空会社とくらべて目立って短いわけではないですが、太もも部分にスリットが大胆に入っているほか、ジャケットは胸元が開いており、その下の白いシャツとのコントラストもあってか「強調されている感」に満ち溢れたものといえます。

 この制服は、今回の事業終了で、見られなくなってしまうのでしょうか。新型コロナの影響次第ではありますが、必ずしもそういうわけではなさそうです。

「セクシー」限界突破!? エアアジアのCA制服

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. xだが未だに返金されてない。
    返さないなら写真つきで要らなくなった制服寄越せ!