特急「ウエストエクスプレス銀河」下関発着の詳細時刻発表 46分停車の駅も

いよいよ具体的な運行予定が公開!

Large 20201008 ginga 01
2020年12月から昼行特急として運転が始められる「ウエストエクスプレス銀河」(2020年1月25日、伊藤真悟撮影)。

 JR西日本は2020年10月9日(金)、山陽方面へ12月に運行開始予定の特急列車「WEST EXPRESS銀河」について、運転日と運転時刻を発表しました。

 下り列車は大阪発7時19分、下関着19時45分。上り列車は下関発10時38分、大阪着22時2分。

運転日は下記のとおりです。
・下り:12/12、15、19、22、1/9、12、16、19、23、26、30、2/6、9、13、16、20、23、27、3/2、6、9
・上り:12/13、17、20、24、1/10、14、17、21、24、28、31、2/7、11、14、18、21、25、28、3/4、7、11

 途中の停車駅は、下り列車が三ノ宮、神戸、西明石、姫路、岡山、倉敷、福山、三原、西条、広島、宮島口、岩国、徳山、新山口、新下関。上り列車はこれに柳井と防府の2駅が加わります。

 乗車券は、日本旅行が企画・実施する旅行商品でのみ入手できます。

【了】

【時刻表】各駅の到着予定時刻

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 昼間の山陽本線の列車なら、尾道駅は停車してほしいところだが、停めると後続のダイヤに影響が出るのか。山陽本線は貨物列車が活躍しているので、貨物列車には勝てないかも。
    ところでかなりハードルは高いが、呉線経由で、竹原・呉停車はできないのだろうか。三原から呉までの海沿いの車窓は、昼間ならば是非見たいところだと思うのだが、どうだろう。
    まずは走らせてだと思いますが、未来の希望を書きました。