超電導リニアモーターカーの廃線跡がある新しい特急「36ぷらす3」の車窓

JR九州が新たに送り出すD&S列車(観光列車)である特急「36ぷらす3」。その車窓には、「超電導リニアモーターカーの廃線跡」という珍しい物が見えます。

車内に隠されていた「穴」

 JR九州が2020年10月16日(金)から、新たなD&S列車(観光列車)である特急「36ぷらす3」を運行します。

 先駆けて行われたその報道向け試乗会で、「超電導リニアモーターカーの廃線跡」に出会いました。

 乗車した特急「36ぷらす3」は、土曜日に運行される宮崎空港11時25分発、別府16時46分着の「緑の路」コースです。

Large 201015 363 01

拡大画像

宮崎空港駅に入線する特急「36ぷらす3」(2020年10月10日、恵 知仁撮影)。

 滑走路を眺めながら宮崎空港駅を発車したのち、ほどなく宮崎駅に停車。ホームからいくつものスマホが、この改造したての黒光りする真新しい列車へ向けられています。

 そして11時53分ごろ、ドアが開かない運転停車(客扱いを行わない運行上の理由による停車)で佐土原駅(宮崎市)に到着。私が乗車している5号車に、客室乗務員がやってきました。

 まるで観光バスのように、マイクのプラグを車両に隠されていた穴へ差し込みます。そしてこの5号車だけに向けたあいさつと案内のアナウンスが、肉声交じりで耳に飛び込んできました。

「本日ご案内いたしますクルーの○○と申します。1日よろしくお願いいたします……(中略)……中ほど3号車には、九州の食品を取りそろえておりますビュフェカウンターがございます……」

【写真】特急「36ぷらす3」の車窓に現れた「超電導リニアモーターカーの廃線跡」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント