東京メトロ 乗り換えを「光」で工夫 リニューアルで大変身の銀座駅

東京メトロの銀座駅がリニューアルされました。「銀座らしさ」の演出や、3路線が集まり利用者も多い銀座駅を分かりやすくするために、地上、改札階、ホームそれぞれで「光」が活用されているのが特徴です。

ラインカラーのグラデーションが柔らかく照らす新・銀座駅

 リニューアルされた東京メトロ銀座駅が2020年10月15日(木)の終電後、報道陣へ公開されました。

 地下にいても地上を感じられる「銀座のまちの地下1階」がテーマで、日本有数の繁華街「銀座」らしい格式と上品さ、落ち着きのあるデザインが大きな特徴です。

 そこで大きな役割を果たしているのが「光」。柔らかい光による「銀座」らしい空間の演出に加え、機能的な面でも活用されています。

Large 201016 ginza 01

拡大画像

銀座線の「レモンイエロー」で照らされた銀座駅の地上出入口(2020年10月16日、恵 知仁撮影)。

 銀座線と日比谷線、丸ノ内線が集まり、東京メトロを代表する駅のひとつである銀座駅。

 そのうち銀座線の改札口に近い、銀座のランドマークである和光本館などが建つ銀座四丁目交差点付近の地上出入口は、銀座線のライン(路線)カラーであるレモンイエローでライトアップされています。今後、日比谷線のシルバーホワイト、丸ノ内線のチェリーレッドでライトアップした銀座駅の地上出入口も登場するそうです。

 そして、地下にある銀座線と日比谷線、丸ノ内線、それぞれの改札口とホームにある柱も、各線のラインカラーであるレモンイエロー、シルバーホワイト、チェリーレッドによる光のグラデーションで照らされ、そこがどの路線の改札口やホームなのか、分かりやすくされました。

銀座駅に多数出現 レモンイエロー シルバーホワイト チェリーレッドの「光の柱」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント