これが「未来の新幹線」か!? 客室が大進化した最新超電導リニア「L0系改良型試験車」

JR東海が、山梨リニア実験線で2020年8月から走行試験を行っているL0系改良型試験車。形状のみならず、客室がサイバーだったり上品だったり、攻めた形で既存のL0系から大進化していました。

提案されていた「リニア時代、未来の新幹線」

 JR東海が2020年8月に走行試験を開始したばかりである、最新型の超電導リニアモーターカー「L0系 改良型試験車」。2020年10月19日(月)、これに乗車して、「進化した500km/hの世界」を体験してきました。

 従来形のL0系と比較して外見が変化し空気抵抗や消費電力、騒音の低減なども図られていますが、特に「進化」が印象的だったのは「車内」です。

Large 201019 liner 01

拡大画像

L0系の改良型試験車(2020年10月19日、恵 知仁撮影)。

 既存のL0系客室は、東海道新幹線の車両の延長線上にあるような雰囲気で、造形も比較的シンプルに見えました。

 それがL0系改良型試験車では、大きく違うのです。「リニア時代、未来の新幹線」の客室が提案されていました。

 ちなみにL0系改良型試験車は今回、発車から約2分40秒で500km/hに達しています。

【写真】「攻め」を感じる!激変したL0系改良型試験車の車内

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 車両がどうとかいまやどうでもよく、中央新幹線てホントに開通するのか?って思うんですけど。