「過去最高」便数のANA貨物便の目玉! 成田~フランクフルト線で貨物定期運航始まる

臨時便からスタートした貨物便欧州路線、ついに定期便になりました!

 ANA(全日空)グループで貨物便を運航するANAカーゴは、2020年10月28日(水)より、成田~フランクフルト(ドイツ)線の貨物定期便の運航を開始します。

Large 201028 anaf 01.

拡大画像

ANAカーゴのボーイング777F型機(2020年、乗りものニュース編集部撮影)。

 ANAカーゴの成田~フランクフルト線は、2020年6月から臨時便を運航してきましたが、日本・ヨーロッパ双方の貨物需要に対応するために、定期便化。運航ダイヤは2020年内は週2往復、2021年から週1往復になります。

 10月28日の運航初便は、電子部品、自動車部品、PC周辺機器、衛生用品などを約80t搭載し成田空港を出発しました。

 ANAグループによると、2020年11月の貨物専用機の運航は過去最高の869便。旅客機を用いた貨物輸送も、過去最高の1030便とのこと。同グループは、「貨物輸送を通して、経済活動の基盤である物流の活性化に貢献していきます」とコメントしています。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント