ANAのCA制服なぜ「グレー」? 実は青だったこともあった

ANAのコーポレートカラーといえば「青」。機体の青色のほか、CAの制服にも長年、紺系統の色を採用してきました。しかし現行の制服はグレーです。なぜなのかを聞いてみました。

機体、ロゴマーク、座席も「青」づくしのANA 制服だけ例外

 ANA(全日空)のコーポレートカラーといえば、「青」というのが広く知れわたっています。「トリトンブルー」と呼ばれる濃い青がロゴの文字や機体の基調色に用いられているほか、それらデザインの一部に「モヒカンブルー」と呼ばれる薄い青も使われています。

Large 200813 nhca 01

拡大画像

ANAのボーイング787-10型機導入時、客室乗務員と(2019年、伊藤真悟撮影)。

 国際線エコノミークラスや、国内線の普通席の座席もトリトンブルー系統が使われているなど、「青」をコーポレートカラーとしている同社ですが、その例外のひとつが、CA(客室乗務員)や地上係員が着用している制服です。

 ANAの現行制服は、創立60周年かつ2013年の持株会社制導入を踏まえ、2015(平成27)年に導入されたもの。上着の色はライトグレーで、ズボンとスカートは濃いめのグレーです。

 たとえばLCC(格安航空会社)のピーチなどはピンク、スターフライヤーはブラックなど、コーポレートカラーをそのまま制服のカラーとしている航空会社もあるなか、なぜグレーなのでしょうか。

「ANAブルー」っぽい制服も過去にはあった

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント