ロシアの最新鋭輸送機Il-112V ヴォロネジで公開 標準カラーリングでの披露は初

ひと昔前と違い、ロシア製航空機もあか抜けてきた感があります。

 ロシアのロステック社は2020年10月19日(月)、開発中の双発ターボプロップ輸送機Il-112Vの標準塗装モデルを、同国南西部に位置する都市ヴォロネジで初披露しました。公開はロシア産業貿易省のデニス・マントゥロフ大臣の視察に合わせて行われたもので、このカラーリングを見せるのは、実機では初とのことです。

Large 201103 il112v 01

拡大画像

標準塗装状態のIl-112V双発ターボプロップ輸送機(画像:ロシア産業貿易省)。

 Il-112Vは、ロシア国営のユナイテッドエアクラフトコーポレーション傘下のイリューシン設計局が開発する双発ターボプロップ小型輸送機で、2019年3月30日に初飛行しています。最大積載量は5t、航続距離は積載量3.5tで約2400kmあり、2022年の運用開始を目指して現在、試験が進められています。

【了】

【写真】正面から見たIl-112V輸送機

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント