小田急も終電繰り上げへ 10~20分程度早く 初電一部繰り下げも 2021年春ダイヤ改正

線区ごとに繰り上げ時間が発表されました。

Large 201104 oakyu 01

拡大画像

終電・初電の発車時刻 変更の目安(画像:小田急電鉄)。

 小田急電鉄は2020年11月4日(水)、終電と一部初電の時刻変更を中心としたダイヤ改正を2021年春に実施すると発表しました。

 同社によると夜間を中心に行う鉄道メンテナンスの担い手不足や工事時間の確保が課題になっており、あわせて新型コロナウイルス感染拡大の影響による在宅勤務の浸透や外出機会の減少などで夜間中心に利用が大きく減っているといいます。利用者の働き方や行動様式が従来の姿に戻ることはないと予測していることから、これらの現状を踏まえて、終電と一部の初電の時刻を変更する予定です。

 具体的に終電は、平日・土休日とも、下りは小田原線の新宿~向ヶ丘遊園間と江ノ島線で10分程度、向ヶ丘遊園~小田原間と多摩線で20分程度繰り上がります。

 上りは小田原線の小田原~町田間で15分程度、町田~成城学園前間で20分程度、江ノ島線で10分程度繰り上がります。小田原線の成城学園前~新宿間と多摩線の上り終電は概ね現行どおりです。

【画像】現行ダイヤと繰り下げ時間の目安

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント