「電車(ロマンスカー)運転士」の仕事を聞く なり方 勤務内容は? 2階運転席のよさ

電車運転士の仕事、なかでも小田急電鉄の特急ロマンスカーを走らせるのはどのような仕事なのか、現役の女性運転士に聞きました。またその話のなかで、運転士に求められる資質のようなものも見えてきました。

「実は警察官を目指していました」

 都心から箱根へ、旅情あふれる小田急の特急ロマンスカーを走らせる運転士には、どうすればなれるのでしょうか。小田急電鉄大野電車区で主任運転士を務めている南場正美さんに話を聞きました。南場さんが着ている制服は女性の特急運転士用のもの。ジャケットのラインが柔らかい印象で、ロマンスカーをイメージしたネクタイがお気に入りだそうです。

Large 191106 odakyu 01

拡大画像

小田急電鉄の顔である特急ロマンスカー、その運転士を務める南場正美さん。後ろは6代目ロマンスカー・EXE(30000形)(2019年10月24日、乗りものニュース編集部撮影)。

――やはり、小さいころから運転士になりたかったのでしょうか?

 私の場合は特別、電車好きだったというわけではなくて、学生時代は警察官を目指していました。就職活動の際、民間企業も受けてみたらという先生の勧めで企業研究をするうち、小田急電鉄に魅力を感じたのが運転士を志したきっかけです。沿線に住んでいましたので、小田急線は身近な存在ではありましたが、自分が運転する姿はビジョンになかったですね。鉄道の会社が何をしているのかあまりに知らなすぎて、駅の勤務などではなく、一番わかりやすい運転士を目指した、という感じです。

――女性の運転士は、小田急にどのくらい在籍しているのでしょうか?

 当社では2019年11月現在、運転士は500名ほど在籍しており、そのうち女性は約20名ですね。女性乗務員の1期生が入社してから15年くらい経ちます。

――なりたい人が多いお仕事だと思いますが、誰でもなれるわけではありませんよね?

 私は入社9年目ですが、運転士採用の同期入社は15名で、これまでそのうち6名が運転士になっています。駅係員や車掌見習いを経てから運転士の社内選考による試験を受けるのですが、全員がこれに受かるわけではありません。筆記試験と身体検査や視力・色覚、脳波など、職業適性の検査を受けます。その後、面接試験を受けて、合格すると運転士見習いとなります。検査は入社の際の、採用基準のひとつでもあります。

 8か月の教習を終了し、試験に合格すると、国家資格である「動力車操縦者運転免許」を取得でき、さらに3年以上、一般乗務経験を積むと「ロマンスカー担当者任用試験」を受けられ、それに合格するとロマンスカーに乗務することができるようになります。

【写真】小田急の運転士が愛用する懐中時計

画像ギャラリー

  • Thumbnail 191106 odakyu 05
  • Thumbnail 191106 odakyu 06
  • Thumbnail 191106 odakyu 01
  • Thumbnail 191106 odakyu 02
  • Thumbnail 191106 odakyu 03
  • Thumbnail 191106 odakyu 04

最新記事

コメント