秩父鉄道の電気機関車「デキ108」12月引退 客車列車で「快速秩父路」お別れツアー

製造から約70年、秩父に来て約50年が経っていました。

Large 201105 chichitetsudeki108 01

拡大画像

引退を迎える電気機関車108号機(画像:秩父鉄道)。

 秩父鉄道は2020年11月5日(木)、電気機関車108号機で行く12系客車乗車ツアー「快速秩父路デキ108号」の運行と撮影会ツアーを12月12日(土)に実施すると発表しました。

 電気機関車の108号機(デキ108)は、日立製作所が製造し1951(昭和26)に岩手県の旧松尾鉱業鉄道に導入されました。同鉄道の廃止により秩父鉄道に譲渡され1973(昭和48)年に運行を開始。主に貨物列車の牽引(けんいん)に使われてきましたが、2020年12月に引退を迎えます。

「快速秩父路デキ108号」は熊谷~秩父間を1往復します。ツアーの概要は次のとおり。

●車両
 電気機関車108号機+12系客車(4両)
●時刻
・往路:熊谷10時10分発→秩父12時07分着
・復路:秩父14時36分発→熊谷16時18分着
●募集人員
 108人(最少催行人員80人)
●旅行代金
・1ボックス占有(ボックス席の4席を1人で利用)
 大人1万8400円/実質1万2000円(給付金6400円・地域共通クーポン3000円)
・2席占有(ボックス席の窓側から2席を1人で利用)
 大人1万5300円/実質1万円(給付金5300円・地域共通クーポン2000円)
 子ども1万4600円/実質9500円(給付金5100円・地域共通クーポン2000円)

 小学生以下は18歳以上の保護者の同伴が必要です。中学生以上18歳未満は保護者の同意が必要です。列車の座席の指定はできません。

 ツアーでは、参加者全員に軽食や特別乗車票、オリジナルグッズを配布。さらに秩父駅構内で、参加者限定の撮影会も行われます(約50分)。新グッズの先行販売も予定されています。

 申し込みは秩父観光興業ツアーセンターの専用窓口にメールを送信。受付期間は11月9日(月)正午から13日(金)17時までです。参加希望者多数の場合は抽選となります。

【了】

【写真】12系客車の外観と車内

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント