ゆりかもめが開業25周年 Twitterで歴代車両の人気投票を開催中

皆さんそれぞれ、「思い出の車両」もあるかもしれません。

Large 201112 yuricamome 01
ゆりかもめの最新車両7500系電車(画像:三菱重工エンジニアリング)。

 新橋とお台場地区、豊洲を結ぶゆりかもめが2020年11月1日(日)で開業25周年を迎えたのにあわせ、公式Twitterでは、歴代の4つの車両の人気投票を開催しています。

 投票の対象となる歴代の車両は、開業時に登場した「7000系」、1999年に投入され、VVVF制御や案内車輪の4輪化など進化した「7200系」、2014年に登場し、デザインを一新し八角形の顔になった「7300系」、2018年に登場した最新車両「7500系」の4形式です。7000系と7200系はすでに引退し、現在は7300系と7500系が運用されています。
 ゆりかもめは1995(平成7)年11月1日に、お台場地区へのアクセス路線として、新橋駅(仮駅)~有明間が開業。2006(平成18)年に豊洲まで延伸開業しました。

 豊洲から先はかつて勝どき方面への延伸構想がありましたが、現在は交通政策審議会の答申で対象外となるなど、実現には遠い状況となっています。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 183系、381系、485系、583系を見分けるより難度が高そうだ。