日本唯一の交通システム「スカイレール」 見かけはロープウェイ、走行にリニアの技術

広島県のとある住宅地と、その最寄り駅とのあいだに「スカイレール」と呼ばれる乗りものが運行されています。傾斜地にある住宅地の足として導入されたこの乗りもの、一見してロープウェイのようですが、じつは様々な輸送手段のいいところを取ったものです。

レールとセットで開発された「スカイレールタウン」

 広島市安芸区の東端に位置し、周囲を山に囲まれた山陽本線の瀬野駅。東側の八本松駅にかけては急勾配が続き、鉄道ファンのあいだで「セノハチ」(瀬野~八本松間の通称)と呼ばれる区間ですが、北側は東側よりもすぐそばまで山が迫り、その山肌にびっしりと張り付くように住宅が立ち並んでいます。

 駅からその住宅地に向かって、モノレールの線路(軌道)に似た高架線が続いており、高架線にぶら下がる形でロープウェイのゴンドラのようなものが上り下りしています。この乗りものは「スカイレール」と呼ばれ、法律上は鉄道の一種として位置付けられているものです。

Large 180903 skyrail 01
住宅地の上空を上り下りするスカイレールの車両。路線全長は1.3.km(高橋敏昭撮影)。

 スカイレールは住宅地の分譲開始と同時期の1998(平成10)年に開業。住宅地の名前も、この路線にちなんで「スカイレールタウンみどり坂」と名づけられています。傾斜地を利用して南側へ大きく開かれた住宅地は、日当たりのよさや、広島駅まで30分圏内という交通の利便性といった特徴がありますが、そのような傾斜地を徒歩で移動するのはひと苦労です。そこで、住宅地へのアクセス鉄道(新交通システム)としてスカイレールが建設されました。

 街の造成と一体的に新交通システムが整備されたという経緯は、千葉県佐倉市にある「山万ユーカリが丘線」と共通しますが、人口がその半分弱である「スカイレールタウン」では、定員がユーカリが丘線の3分の1という25人乗りのゴンドラ(車両)が行き来しています。最速では37.5秒ごとの発車が可能ではあるものの、2018年現在は10~15分間隔で運行。スピードも15km/hとゆっくりで、片道の所要時間は5分、運賃は大人170円です。

 このスカイレールは三菱重工業と神戸製鋼によって共同で開発され、この路線で初めて実用化、営業用としては現在も日本唯一の存在です。走行用の桁(けた)から吊るされた車両は、桁に沿うように設置されたロープの動力で進みますが、駅に入ると、車両がロープからいったん外れ、リニアモーターによる駆動に切り替わります。ロープウェイのゴンドラと違い、桁をしっかりつかんでいるため風に強く、駅部ではロープの推進から離れリニア駆動にすることで、減速、停止、発信を可能にしているのです。

 いわば車両の見かけはロープウェイ、上部の桁はモノレール、走行の方式はロープウェイとリニア、それぞれの良い所を取ったようなシステムなのです、しかし、なぜこの「スカイレールタウン」に採用されたのでしょうか。

この記事の画像をもっと見る(5枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180903 skyrail 03
  • Thumbnail 180903 skyrail 04
  • Thumbnail 180903 skyrail 05
  • Thumbnail 180903 skyrail 01
  • Thumbnail 180903 skyrail 02

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 頻繁に拝見しております。
    特に、鉄道・車関係

    今回の記事に一部誤りがありますので訂正させていただきます。
    山万は千葉県富里市ではなく、佐倉市になります。

    ちなみに私は当該近隣の成田市に在住しております

    • ご指摘ありがとうございます。
      訂正いたしました。

  2. 間違いばっかりだな。酷すぎないか?

    • ばっかりって、他に間違いあるんですか?