テーマは「血洗島獅子舞」 都バスをド派手ラッピング 渋沢栄一バス第2弾

新「1万円札の肖像」カットと巨大獅子舞の組み合わせ!

Large 201201 shibusawa 01

拡大画像

渋沢栄一モチーフのラッピングバス第2弾(画像:埼玉県)。

 埼玉県観光課が2020年12月1日(火)から、東京の都営バスで渋沢栄一モチーフのフルラッピングバス第2弾を走らせます。

 埼玉県深谷市出身で明治~昭和期の実業家である渋沢栄一は、2021年NHK大河ドラマのモデルとなるほか、2024年に発行される新1万円札の肖像にも決まっています。こうしたことから埼玉県は、11月より都営バスで渋沢栄一モチーフのフルラッピングバスを走らせています。

 第2弾となる今回は、深谷市指定の無形民俗文化財である「血洗島獅子舞(ちあらいじまししまい)」を盛り込んだデザイン。渋沢は、故郷である現在の深谷市血洗島を離れた後も、毎年のように祭りの日には村に帰り楽しんだそうです。バスには手描き感のあるアート要素も取り入れているといいます。

 運行区間は2021年2月末まで。東京駅丸の内南口に発着する「都05-1」「都05-2」および「都05-2急行」系統で運行されます。

 なお、レンガ造りの深谷駅舎をデザインに取り入れた第1弾のラッピングバスも引き続き、1月末まで運行される予定だそうです。

【了】

【画像】あれ東京駅モチーフ? 第1弾のラッピングバス

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント