日産「リーフ」販売50万台突破 何が評価されたのか?

「リーフ」も登場から10周年です。

登場から10周年の電気自動車「リーフ」

 発売開始から10周年の電気自動車「リーフ」について、グローバル販売台数の累計が50万台に達したと、2020年12月3日(木)、日産が発表しました。

 日産は、2010年12月に初代モデルが発売された「リーフ」について、その後、バッテリー容量や走行性能を向上させ、航続距離を延長。ユーザーのライフスタイルに合わせて幅広いニーズを満たすクルマに進化したことや、一般家庭や商業施設などへ電力を供給するだけでなく、自然災害時には非常用電源として活用でき、従来のモビリティを超えた価値を提供していることを、その特徴として挙げています。

Large 201207 leaf 01

拡大画像

現行の日産「リーフ」(画像:日産)。

 現在、「リーフ」は日本、アメリカ、イギリスの工場で生産され、世界59の国や地域で販売中。オーナーの累計走行距離は世界中で約160億キロに達し、25億キログラム以上のCO2排出量を抑制したとのこと。

 日産の内田 誠社長兼CEOは、「世界中のお客さまにEVをお選びいただくことで、私たちは持続可能な社会の実現に向けて、着実に歩を進めています。そして日産は、今後ともEVをはじめとする電動化車両のモデルラインナップを拡大し、世界中のより多くのお客さまに電動化がもたらす価値をお届けしていきます」としています。

【了】

【写真】10年前 初代「リーフ」はどんなクルマだったのか?

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント