ジェネラル・ダイナミクス アメリカ陸軍へ新型戦闘車両「MPF」を滞りなく納入中

軽戦車が復活する嚆矢となるのでしょうか。

ジェネラル・ダイナミクス・ランド・システムズ(GDLS)は2020年12月15日(火)、開発中の「MPF(Mobile Protected Firepower:機動防護火力)」車両について先行量産車2両をアメリカ陸軍に引き渡したと発表しました。同社によると12月末までにさらに2両を納入する予定とのことです。

Large 201216 gdlsmpf 01

拡大画像

ジェネラル・ダイナミクス・ランド・システムズ(GDLS)が開発したMPF。105mm砲を装備する(画像:GDLS)。

 同社はアメリカ陸軍と12両のMPFを試作開発する契約を結んでおり、すでに8両が引き渡し済みで、残る4両が今回の12月納入分となります。

 MPFは、アメリカ陸軍が推し進める歩兵旅団戦闘チーム(IBCT)の戦力強化の一環で計画されている新装備で、先行して引き渡された8両はすでにアメリカ陸軍で各種試験に投入されています。

【了】

【写真】アメリカ陸軍の新戦闘車両MPF 右側面と後部

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント