「空飛ぶヤマトカー」実現“一歩前へ” JAXAとタッグ 物流eVTOL用貨物ユニット形状開発

これが空飛んでたら二度見しますね。

 ヤマトHD(ホールディングス)とJAXA(国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構)は、2020年12月18日(金)、物流電動垂直離着陸機(物流eVTOL)への装着、地上輸送手段の両方で輸送できる大型貨物ユニット「PUPA(ピューパ)R8801」の空力形状(航空機など高速で空気中を移動する物体に作用する空気抵抗をはじめとする様々な空気の力を考慮した物体形状)を開発したと発表しました。

Large 201218 evtol 01
「PUPA R8801」の運用イメージ(画像:ヤマトホールディングス)。

 ヤマトHDによると、これは「空」の領域を効果的に活用した新たな物流サービスの導入に向けたもの。物流eVTOLへ装着したときの高い空力特性と、既存の陸送ユニットと共存する直方体に近い形状が求められるなか、「PUPA R8801」は2者が約4か月で、貨物ユニットの空力形状を開発し、成立性を実証したとのことです。

 ヤマトHDは、「『新たな空の輸送モード』の構築に向け、今回の成果を踏まえた具体的なサービス性検証を含むシステム開発を続けることで、2020年代前半までのサービス導入を目指す」としています。

【了】

【図】「PUPA」の空力形状の変遷

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント