6発モーター旅客機 エアバスがゼロエミッション旅客機の新コンセプト発表

電気モーターだと空港周辺の騒音問題の解決にもつながります。

 ヨーロッパの航空機メーカー、エアバスは2020年12月15日(火)、新たなゼロエミッション旅客機、通称「ZEROeプログラム」のコンセプトを発表しました。

Large 201216 airbus 01

拡大画像

エアバスが新たに発表した燃料電池推進式旅客機。6発モーターの8翔プロペラ構造(画像:エアバス)。

 プロペラ駆動の旅客機モデルであるものの、駆動方式は燃料電池推進とのこと。さらに6つのプロペラポッドは取り外し可能といいます。

 各ポッドは連動せずに個々に独立して動く、いわゆるスタンドアローン式で、それぞれ電動機、燃料電池、エレクトロニクスシステム、液体水素タンク、冷却システムなどを備えています。

 また各ポッドは前述のとおり取り外し可能なため、定期的に機体から外し、整備済みの新たなポッドと付け替えることが容易にできるほか、万一不具合があっても空港内において短時間で分解、再組付けができるようになるそうです。

 エアバスは、すでに「ポッド」構成の特許を出願しており、2020年12月に公開される予定といいます。また「ZEROeプログラム」の研究開発を継続するため、今後数か月から数年にわたって、さらに複数の特許出願を予定しているそうです。

【了】

【イラスト】無尾翼機も エアバス発 近未来のゼロエミッション旅客機

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント