久大本線3月に全線再開 2020年7月の豪雨で橋流出 一部区間は2月に先行復旧 JR九州

2区間が順次再開します。

由布院~庄内間は2月再開

Large 210115 jrqqdai 01

拡大画像

博多駅で行われた特急「ゆふいんの森」30周年出発式(2019年3月16日、恵 知仁撮影)。

 JR九州は2021年1月15日(金)、豪雨災害により一部区間で不通が続いている久大本線について、全線で運転を再開すると発表しました。

 由布院~庄内間は2月13日(土)から、豊後森~由布院間は3月1日(月)から、それぞれ運転を再開する予定です。

 久大本線は福岡県久留米市の久留米駅と、大分県大分市の大分駅を東西に結ぶ長さ141.5kmの鉄道路線です。経由地に由布院駅(大分県由布市)などがあり、特急「ゆふ」「ゆふいんの森」が運転されています。

 2020年7月の「令和2年7月豪雨」では、橋が流出するなど大きな被害が生じ、同年7月7日から豊後森~庄内間で列車の運転見合わせが続いていました。今回の運転再開により、久留米~大分間の全線がつながります。なお、JR九州によると列車の運転計画は改めて告知するとしています。

【了】

【写真】流出した橋の現在の復旧状況

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 了様ありがとうございます。思ったよりも早く全線再開し、なおかつダイヤ改正に間に合いましたね。よかったですねっ。了様❤︎

    • 「了様」ではなく、終了とか完了の了です。記事の文責は上の方にある「編集部」です。攻撃されることもあって記者名を出さない記事が増えたようです。