タクシー「4年で全車電動化、脱LPGはあと7か月」MKが表明 燃料シフト急加速?

京都を中心としたMKタクシーが、2025年までに全車を電動化すると発表しました。LPガス車の運用は、あと半年ほどで終了する予定。国が掲げる新車の電動化目標よりも、大幅に早く燃料シフトが進む可能性があります。

LPGのジャパンタクシーは不採用

 京都を中心に全国でタクシー事業を展開するMKタクシーが2021年1月19日(火)、今後の採用計画において、2025年までに全車両を電動化する構想を公表しました。国は2035年までに、東京都は2030年までに新車を全て電動車にするという目標を掲げていますが、それよりも大幅に早く電動化を達成する構えです。

 加えて現在、タクシー業界で数多く使われているLPガス(液化石油ガス、以下LPG)車については、早くも2021年8月に運用を終了するとしています。急速とも思える燃料シフト計画について、グループの中核である京都のエムケイに聞きました。

Large 210120 mk 01
多くのタクシーが行き交う京都の四条通。手前がMKタクシーの「プリウス」(画像:piyato/123RF)。

――従来のLPG車をEV(電気自動車)へ置き換えているのでしょうか?

 いえ、ピュアEVである日産「リーフ」もタクシーに導入していますが、現時点ではガソリンHV(ハイブリッド)車への置き換えが主流です。トヨタの「クラウン」や「コンフォート」などLPG車の置き換えを進めており、京都のMKタクシーにおけるLPG車は、残り30台ほどとなっています。

――全国的にはLPGハイブリッドであるトヨタのタクシー専用車「ジャパンタクシー」への置き換えが進んでいますが……?

 ジャパンタクシーは採用していません。クラウンやコンフォートの置き換えでは「シエンタ」が多いですね。そのほかトヨタ「アルファード」「ヴェルファイア」「ボクシー」「エスクァイア」、あるいは日産「セレナ e-POWER」といったミニバンのほか、「カローラフィールダー」「カムリ」など、いろいろな車種を導入して試しているような側面があります。

――タクシー営業所内にLPGの供給設備があるケースも多いですが、インフラはどうするのでしょうか?

 グループでLPGスタンドを2か所運営していましたが、すでに1か所は閉鎖しており、今年のLPG車の置き換え終了とともに、残る1か所も閉じます。当社の場合、グループでガソリンスタンドも運営しており、もともと営業所では燃料を入れていませんでした。

【画像】バラエティー豊かなMKタクシーの車種

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. ガソリンエンジンは若干の改造でLPGに転換できる。
    20年くらい前に一般用の車を改造することが流行ったがタクシーがLPGを止めるとそういった車は廃車にせざるを得ないかも知れない。
    一時期は真面目に自分も改造しようと考えていた。

    現行でもLPG車は発売されているがどうするのだろうか。

  2. 政府の脱炭素の宣言もあり、これからは電気自動車の流れなんだろうけど、この間の降雪の立往生なんかを見てると、あの状況で電気自動車だったら危なかったのでは?と思ってしまった。ひとつを悪者にして何でもかんでも闇雲に変えれば良いのではなく、半舷上陸のように様子をみて変えていく方が安全なんじゃないかと思う。