高速バスの「スマホ回数券」 関西~淡路島方面の路線で2月開始 JRバス

きっぷのデジタル化が加速しています。

紙きっぷ購入の手間も、失くす心配も無し

Large 210126 awaji 01

拡大画像

明石海峡大橋経由便を運行する西日本ジェイアールバス(画像:西日本ジェイアールバス)。

 西日本ジェイアールバスは2021年1月27日(水)、大阪・神戸と淡路島方面を結ぶ高速バス路線のに設定されている回数券を、2月1日(月)からスマホアプリ「バスもり!」内でも購入・使用できるようになると発表しました。

 スマホアプリ「バスもり!」はウェルネットが提供するデジタルチケットアプリで、提携するバス路線のチケットや定期券、回数券の購入や使用がアプリ内で完結します。支払いはクレジットカード決済のほか、コンビニ決済やATMにも対応しています。

 「バスもり!」での回数券の設定はこれまで東京~水戸間の「高速みと号」や新千歳空港・広島空港・高松空港の空港連絡バスなどに限られていましたが、関西の大都市発着路線への導入は初めてとなります。

 スマホ回数券が今回導入されるのは、西日本ジェイアールバスと本四海峡バスが共同運行する「大磯号」「かけはし号」「くにうみライナー」の3路線。本州から明石海峡大橋を経由して東浦・洲本・西淡方面へそれぞれ向かいます。

 購入できるのは4枚綴りの普通回数券に加えて、スマホ回数券限定で15枚綴りの「淡路島トクトク回数券」も新たに設定。有効期間は普通回数券が6か月、淡路島トクトク回数券は3カ月です。

 回数券の発売金額は、大阪発着の「かけはし号」では大阪駅・なんば駅~洲本バスターミナル間で、通常運賃2390円のところ普通回数券(4回分)が8600円、淡路島トクトク回数券(15回分)が30470円です。

【了】

【運賃表】淡路島行きバス路線の料金

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 淡路島も関西なのに・・・
    東京の人って淡路島って四国とでも思ってるんだろうか。

  2. ありがとうございます。バスの回数券もチケットレス(デジタル化)がどんどん増えていますね。一方、一般の乗車券の方もチケットレス(スマホ又はタブレット又は従来型携帯[いわゆるガラケー]にメール又はアプリに乗車券を取り込むか、乗車券データを印刷する[この為ペーパーレスという表現はここではしない])が必須(旧ツアー系はツアーバス[非路線営業]時代から大半がチケットレスだったが、最近は既存の路線事業者でもチケットレス必須の路線が増えている)の路線が増えております。