西武バス「通常営業の路線バスによる自動運転実験」詳細決まる 大型バスは国内初

バスの屋根上にご注目。

飯能で2月から3月にかけ

Large 210128 jidou 01

拡大画像

自動運転に必要な機器を取り付けた西武バスの新塗装車「s-tory」(画像:西武バス)。

 西武バスは2021年1月27日(水)、遠隔監視システムを活用して自動運転の大型バスを運行する実証実験の詳細を発表しました。国内初の試みとして、通常の営業運行をしている大型車両の路線バスと同じ運行形態で自動運転大型バスも運行するというものです。

 これは2020年2月から群馬大学と進めてきた自動運転技術に関する共同研究の一環です。通常の営業運行路線と同じ運行形態で、一般的に用いられる路線バスの大型車両を使用するのは国内初となります。
広告

 実証実験は、埼玉県の飯能駅南口と美杉台ニュータウンを結ぶ「飯20」系統の区間(約2.5km)で行われます。日程は2月23日(火・祝)、25日(木)、28日(日)、3月1日(月)、3日(水)、5日(金)、7日(日)の計7日間。運行便のうち午前と午後のそれぞれ2便を自動運転とします。

 自動運転は「レベル2」相当の実験となり、アクセル、ブレーキ、ハンドルは自動操作されます。不測の事態に備え、乗務員が運転席に着席するほか、西武バス飯能営業所内の遠隔監視室から運行中のバスを監視するそうです。

 なお、今回の自動運転実証実験で使用するバスは、安全面を考慮し、乗客が必ず着席した状態で運行します。そのため乗車定員を設けており、ウェブを通じて各便の整理券を2月7日(日)から発行するとのこと。整理券発行終了時で満席となった場合、整理券のない人は乗車できないそうです。

【了】

【画像】自動運転バスの装備と遠隔監視室の様子

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント