世界初!? ボーイング787の貨物転用型爆誕 ケニア航空の787-8を改造完了 近日路線投入へ

787の現代的な客室は健在ですが、席はなし!

9機のうち2機を貨物機へ改造

 ケニアの国営航空会社、ケニア航空とカナダを拠点に航空機整備(MRO)事業を手掛けるアビアノア(Avianor)は、現地時間2021年2月2日(火)、同社の旅客機ボーイング787を貨物機として改造したと発表しました。

Large 210203 78f 01

拡大画像

ケニア航空のボーイング787型機(画像:ケニア航空)。

 2社によると、ボーイング787シリーズで貨物機に転用されたのは「今回が世界で初めてで、航空業化の歴史を築いた」としています。

 ケニア航空では9機のボーイング787を保有していますが、そのうちの2機を貨物機として、アビアノアが改造。今回発表されたのは、この最初の1機にあたります。貨物機への改造は、ケニア民間航空局(KCCA)とアメリカ連邦航空局(FAA)の承認をすでに得ており、間もなくこれを用いた貨物便の運航を始める予定とのことです。

【了】

色々ギャップある世界初「貨物改造型787」の機内

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント