「鬼ヶ島」行きの23年ぶり新造船は“しましま”に 新「めおん」2月末デビュー

鬼のパンツもしましまでしたよね?

雌雄島海運23年ぶり新造船

Large 210224 meon 01

拡大画像

デビューする新「めおん」のイメージ(画像:雌雄島海運)。

「鬼ヶ島」とも呼ばれる瀬戸内海の女木島、および男木島と、高松港を結ぶ雌雄島海運が、23年ぶりの新造船となる新「めおん」を2021年2月28日(日)に就航させます。

 新造船は、現在予備船として同社が保有する「めおん」の名を引き継ぎ就航し、主力船である「めおん2」が予備船となります。新「めおん」は、雌雄島海運とJRTT鉄道・運輸機構との共同発注(共有建造制度を活用)により、広島県呉市の神田造船所で建造されました。

 船体設計の工夫により、船の総トン数は24トンほどのアップ(266トン→290トン)に抑えつつ、車両積載エリアを拡張して積載台数を増加させ、旅客定員も30名ほどアップしているといいます。外装と内装のデザインは、ドットアーキテクツが担当。外観デザインは、これまでの赤と白のツートンカラーから、「赤と白のしましま模様」に一新しているそうです。

 船内には見晴らしのよい大きな窓を設置し、瀬戸内の多島美を270度見渡せる開放感ある空間を実現しているとのこと。高松市の伝統工芸である「欄間」をデザインに取り入れ、男木島と女木島を表現しているそうです。また、バリアフリー客室を拡充し、多目的トイレも設置、車椅子は最大5台乗船できるといいます。

 なお、新型コロナウイルス対策にも重点を置き、船内には抗菌・抗ウイルスコーティング加工などを実施しているということです。

 新「めおん」就航日の2月28日(日)には、現「めおん」の引退式および最終運航、および新「めおん」の就航式と内覧会が行われたのち、高松港14時発の便で新「めおん」がデビューします。

【了】

【画像】引退する現「めおん」 カラーリングに注目

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント