ガソリンもう5円高!? 値上り14週連続 2月後半から急激アップのワケ

ガソリン価格の上昇が止まりません。値上がりは14週連続で、特に2月後半から値上がり幅が大きくなっています。その背景には何があるのでしょうか。

3週間で5円アップ

 ガソリン価格の上昇が止まりません。資源エネルギー庁が2021年3月3日(水)に発表した石油製品の価格調査結果によると、3月1日(月)時点におけるレギュラーガソリンの店頭における現金小売価格の平均は、1リットルあたり144.6円。値上がりは14週連続で、約1年前、2020年3月9日調査以来の高値水準となっています。

 とりわけ、2月後半からの値上がり幅が大きくなっています。2月15日(月)調査では前の週と比べて全国平均で1.8円、22日(月)調査では1.7円、そして3月1日(月)調査では1.5円と、3週間で計5円、値上がりしています。北海道などは、2月22日(月)調査で前週からの値上がり幅が3.3円を記録しました。

Large 210304 gas 01
ガソリン価格表示板のイメージ(乗りものニュース編集部撮影)。

 価格調査を受託している石油情報センターによると、価格上昇の要因は原油価格の上昇とのこと。世界的に新型コロナのワクチン接種が始まるなどして、早期の収束と経済回復への期待感が高まっていることが、原油価格を押し上げている――というトレンドがあるといいます。

 しかし、2月後半からの値上がりについては、別の要因があるそうです。

【ガソリン「安い県」「高い県」最新ランキング】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント