ピタッと止まるセルフスタンドの給油、その仕組みとは トドメの「ちょい足し」は危険?

セルフのガソリンスタンドで給油すると、ある程度入ったところでノズルからの給油がピタッと止まりますが、どのような仕組みなのでしょうか。止まったあとの継ぎ足し給油は危険だそうです。

ノズルを流れる空気を検知し自動停止

 セルフのガソリンスタンドで給油すると、ある程度入ったところでノズルからの給油が自動で止まります。そのあとでノズルのレバーを少しだけ引き、少量を継ぎ足す人もいるかもしれません。

Large 180601 gasoline 01
セルフスタンドでの給油イメージ(画像:写真AC)。

 そもそも、この給油ノズルはどのような仕組みで止まるのでしょうか。ガソリン計量器を製造・販売するタツノ(東京都港区)に聞きました。

――給油ノズルはどのような仕組みで自動停止するのでしょうか?

 ノズル内部にセンサーがあり、オートストップ機能が働きます。給油中は、ノズルの先端にある検知口から、ノズル内に空気が流れている状態を維持します。満タンに達すると、油面が検知口を塞いで空気が流れなくなり、センサーが真空状態になります。これによりセンサーは満タンを検知し、給油を自動停止します。

――自動停止した状態は「満タン」なのでしょうか?

 はい、満タンです。計量機は0.5%の誤差内で正確に計測給油することが可能です。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180601 gasoline 02
  • Thumbnail 180601 gasoline 01

関連記事

最新記事

コメント

7件のコメント

  1. 一度の給油量も制限されてますわな

  2. いつも空から1000円とか2000円分とかで、タンクに余裕がある状態で、ストップ後、トリガーをちょい引きして+300mlぐらい入ったこともある。タンクに余裕があるなら、このやり方はOKよ!

  3. 自分は一応ノズル先確認してから給油してます。
    この仕組みは知ってたけどそれだけでは無く悪戯防止策の意味も含めて
    一旦ノズル先見てからの給油です。ただ一度も以上は無かったんですけどね。

  4. 車体を揺すったり、頑張ってチョイ足ししている人を見かけますが、なぜそこまで?と思います。
    セルフガソリンスタンドの監視員をしていますが、このチョイ足しでガソリンを溢れさせた例が二つ有りました。
    あふれでたガソリンに引火した場合を考えると恐ろしいです。
    こんな危険行為であることを認識して欲しいものです。

  5. 以前レンタカーで軽を借りて、150キロくらい走って満タン返ししようとしたら、一滴も入らずに止まったことがありました。
    この場合はどうしたらいいのでしょう。

  6. レンタカーを返す際このオートストップまでで止めて、1KM走ってないのに目盛りが一つ減って追加料金を請求された。。。

    これってどうなのさ。

  7. 「先っちょだけ挿れる」はダメってことやな。
    しっかり根元まで、奥に当たるまで挿れましょうと。
    え、何?下ネタじゃないよ。