国鉄型電車の2編成が7月引退へ しなの鉄道の115系「横須賀色」

S16編成とS26編成が引退します。

S16編成とS26編成が営業運転を終了

Large 210316 shinano115 01
しなの鉄道線のテクノさかき~坂城間を走る115系電車S26編成(画像:しなの鉄道)。

 しなの鉄道は2021年3月16日(火)、新型のSR1系電車(一般車)を3月のダイヤ改正で導入したことに伴い、既存の115系電車のS16編成とS26編成が7月末をもって営業運転を終えると発表しました。

 S16編成は1980(昭和55)年3月に日立製作所で、S26編成は1981(昭和56)年6月に川崎重工業でそれぞれ造られ、当時の国鉄長野鉄道管理局松本運転所・北松本支所に配置されました。

 国鉄分割民営化で車両はJR東日本が継承。S16編成はその後、1999(平成11)年にリニューアル工事を、S26編成は妙高高原寄りのクモハ114形に運転台を取り付ける工事を1988(昭和63)年に受けましたが、それ以降は大規模な改造工事を受けることなく長野・松本地区を中心に使われてきました。

 S16編成は2015(平成27)年、S26編成は2013(平成25)年、しなの鉄道にそれぞれ譲渡されましたが、特にS26編成は、譲渡車両の中では製造当初の面影を強く残している編成といいます。

 S16編成は2017年夏、S26編成は2018年秋に、青色とクリーム色からなる横須賀色(スカ色)に塗色が変更されています。

【了】

【写真】引退する115系電車S16編成

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント