トイレ付き新型SR1系一般車に導入 しなの鉄道3月ダイヤ改正で 115系は2本が廃車に

ボックス席のシートピッチが広くなっています。

Large 201218 shinano 01

拡大画像

一般車として3月から運行開始する、しなの鉄道のSR1系電車(画像:しなの鉄道)。

 主に長野県北部で鉄道を運行するしなの鉄道が、2021年3月13日(土)にダイヤ改正を実施します。

 改正に伴い、新型車両SR1系電車が一般車としても運行開始。本数は4編成8両です。SR1系は2020年夏に有料快速列車用としてデビューしましたが、今回一般車として導入される車両はトイレが新設されたほか、ボックス席のシートピッチが広くなっています。ただし、座席配置を変更することにより、車両定員は従来車両の115系電車より約10%増えています。

 その115系はSR1系と入れ替わる形で、S25編成とS27編成の計2本が廃車されます。これに伴い、しなの鉄道の全列車のうち約3割がSR1系になります。ダイヤ改正後、SR1系の一般車はしなの鉄道線の上り列車で12本、下り列車で13本が運行予定。北しなの線では上り列車が6本、下り列車が7本です。

 そのほか、しなの鉄道線の軽井沢~小諸間で増便運行が継続されます。

【了】

【画像】ついに一般車へもSR1系 車内の様子は

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. * トイレは 青いSR1にも有るし、115でも一部の2連を除き トイレ自体は有る

    記述が不正確で誤解を招く

    * 青いSR1を使った 普通列車 は既にある

    送り込み /返し のつごうか、中には
    軽井沢→長野 を ロングシート仕様に転換して走りきるのも…