緊急事態宣言解除 羽田空港の様子は? 航空便利用者は宣言解除で倍増 ANA乗り入れT2

今回は結構長い期間、宣言が発出されていましたが…。

3月期は計画比50%程度の運航率

 政府は2021年3月22日(月)から、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、首都圏1都3県へおよそ2か月半にわたり発出していた、2度目の緊急事態宣言を解除しました。

Large 210322 t2 01

拡大画像

3月22日朝の羽田空港第2ターミナルの様子(2021年3月22日、乗りものニュース編集部撮影)。

 宣言解除初日、午前7時ごろの羽田空港は利用者の増加が確認できます。同空港の第2ターミナルをを使用するANA(全日空)によると、航空券の予約者数は宣言下とくらべ、約2倍弱程度増えているとのこと。なお、同社の国内線は減便が続いている状況で、3月期を通しての運航率は、計画比約50%程度と発表されています。

「本日の予約者数は約5.5万人で、今週末にはこれが、7万人まで回復する予定です。今後も衛生対策をしっかり講じながら、お客様を迎え入れたいと思います」(ANAエアポートサービス 久沢弘太郎旅客サービス部長)

 なお、ANAをはじめ国内航空会社では、利用者やスタッフのマスク着用や、空港カウンターのパーティションを設置。このほか、空港内の各所には消毒液を設置するなどの衛生対策を講じています。

【了】

写真でさっと見る! 宣言解除後の羽田空港

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント