旧「名古屋空港」はいま かつての中部地方の空の玄関、2つの「大変身」を遂げなお健在

かつて、国内外の多くの航空会社が乗り入れ「中日本の空の玄関」だったものの、中部国際空港が開港したことで、その座を譲った県営名古屋飛行場は、現在どのようになっているのでしょうか。実はカタチを大きく変えながら、人が行きかう空間になっています。

アクセスの良さゆえに発展性が乏しく…

 2021年現在、「中部地方の空の玄関」といえば、愛知県常滑市の沖合いにある中部国際空港です。ただ、この空港が開設される2005(平成17)年までは、県内にある別の空港がその役割を担っていました。これが、航空自衛隊小牧基地に隣接して広がる県営名古屋飛行場、通称「名古屋空港」です。

Large 210321 ngo 01

拡大画像

「名古屋空港」とも称される県営名古屋飛行場(乗りものニュース編集部撮影)。

 かつて名古屋空港は、JAL(日本航空)やANA(全日空)はもちろんのこと、ノースウエスト航空(現デルタ航空)をはじめとする海外の航空会社も多数発着しており、年間利用者数は1000万人を超えることもあった、国内屈指の大空港でした。しかも、名古屋駅から直線距離で15kmほどの距離にあり、アクセスの良さもポイントでした。なお、2021年現在も名古屋駅からバスで20分から30分ほどで行くことができます。

 ただ、反面で市街地にあることなどから、「今以上の拡張が困難であるため21世紀初頭には空港容量が限界に達すると予測される」「航空機騒音のために空港利用時間の制約があり、24時間離着陸可能な国際空港としての機能が十分発揮できない」(愛知県)といったデメリットもあり、そのため中部空港が新設され、そちらに「中部の玄関口」の座を譲っています。

 ところが、名古屋空港はそれでまるっきり使われなくなったかというと、そのようなことはなく、2021年現在も、ふたつの意味で一般市民に「利用」されています。

商業施設に出現「マジモノの空港案内版」など 県営名古屋空港の今を写真で見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 一方、広島では…