「珍飛行機」飛来に定評の中部空港 なぜ選ばれる? コロナ禍で世界最大モンスター機も

異形のボーイング747「ドリームリフター」が見られるなど、日常的に珍飛行機が飛来するシーンの多い中部空港ですが、この新型コロナ禍に世界最大の飛行機An-225が数度やってきています。なぜ中部空港が選ばれるのか運営会社に聞きました。

世界に1機のみ運航の規格外ボディAn-225「ムリヤ」

 日本で珍しいモデルの民間機が日常的に見られる空港のひとつとして挙げられるのが、中部国際空港「セントレア」(以下:中部空港)でしょう。

 中部空港名物ともいえる珍飛行機といえば、「ジャンボジェット」ことボーイング747-400型機を改造し、2階席部分の後方をより大きく膨らませることで貨物スペースの増大を図ったボーイング747-400LCF「ドリームリフター」です。中部地域には、ボーイング787型機のパーツ製造を手掛ける工場が集中していることから、そのパーツをアメリカに運ぶため頻繁に飛来します。

Large 200606 ngo 01

拡大画像

中部空港を離陸するアントノフAn-225「ムリヤ」(画像:中部国際空港株式会社)。

 ところがこの新型コロナウイルス禍のさなか、中部空港にはもっと珍しい飛行機が、2020年5月23日から6月3日(水)までに3度やってきています。旧ソ連、現ウクライナ製のアントノフAn-225「ムリヤ」です。いずれも新型コロナ関連の救援物資輸送において、途中給油をする目的です。

 An-225の最大の特徴といえば、その巨大さです。全長84m、全幅88.74mと、ともに世界最大級で、飛行機の「世界最大」の記録を多数保有しています。貨物室も長さ43m、幅6.4m、高さ4.4mのスペースを持ちます。規格外の大きさからその見た目も特徴的で、片翼に3発ずつ計6発搭載したエンジンや、32個の車輪をもつムカデのような脚、垂直尾翼が水平尾翼の両端についたH型のデザインなど、ほかでは見られない存在感を放っています。

 An-225は、本来はソ連版スペースシャトル「ブラン」を胴体の上に積んで空輸するために作られたモデルで、2020年6月現在、世界で1機しか運航されておらず、世界で4機の「ドリームリフター」と比べて、珍しさの面でも上回ります。

 このほかにも、量産型の貨物機としては世界最大とされる、こちらもアントノフ製のAn-124が飛来することもあり、よくネット上で話題になることも。なぜ、中部空港でばかり、こういった珍しい飛行機が見られるのでしょうか。

【写真】異形の超巨大機3機が勢ぞろい! 中部国際空港のレアな光景

 
    
 
    

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. 「ムリヤ」ではなく、「ムリーヤ」です。
    訂正願います。

  2. 滑走路2本で24時間運用、An-124の実績もある関空が選ばれないのは……

    要はセントレアがそれだけ暇し(以下略

  3. 金がかからいの出は?