連節バス運行のパイオニアが「国産車」導入 幕張で3.30運行開始 京成バス

塗装などはほぼ変わりませんが、代替わりです!

幕張の連節バス3代目が登場

Large 210323 rensetsu 01

拡大画像

京成バスが導入する幕張新都心地区の連節バス新型車(画像:京成バス)。

 京成バスは2021年3月23日(火)、千葉の幕張新都心地区で運行する連節バスに、3代目となる新型車を2台導入し、3月30日(火)から運行を開始すると発表しました。

 導入されるのは国産連節バス「日野ブルーリボン ハイブリッド連節バス」。車体が2台つながった全長約18mの車両で、座席と立席、運転席合わせ113人乗り。2代目である現行車のカラーリングを踏襲し、「シーガル幕張」の愛称で運行されます。また、「ドライバー異常時対応システム(EDSS)」など最新の安全装置も備わりました。

 連節バスが運行される幕張本郷駅~海浜幕張駅~ZOZOマリンスタジアム間の「新都心幕張線」は、1998(平成10)年、一般路線バスとして日本で初めて連節バスを本格運用した路線です。初代はボルボのエンジンとシャシーに富士重工(現・SUBARU)のボディを載せた車両、2代目はエボバス社が製造するメルセデス・ベンツ「シターロ」シリーズと、国産連節バスがない時代に輸入車を導入してきました。

【了】

【画像】1998年デビュー 幕張の連節バスを写真で振り返る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 国産になるとなぜ連接バスでもダサくなるのだろう