東海道新幹線「東京~名古屋・新大阪」などの主要区間でも回数券販売終了へ

東海道新幹線の回数券について、販売終了区間が拡大。東京~名古屋、東京~新大阪といった主要区間でも、発売が終わることになりました。

販売終了区間が拡大 主要区間へも

 JR東海が2021年3月31日(水)、東京~新大阪間など16区間の「新幹線回数券」について、2022年3月31日(木)発売分を最後に、発売を終了することを明らかにしました。

 JR東海は今年2021年1月19日(火)、東京~静岡間、東京~西明石間など46区間の「新幹線回数券」について発売を終了すると発表(2021年3月31日までの発売)。それが今回の発表で、東京~名古屋間、名古屋~新大阪間といった主要区間へも拡大された形です。

Large 210331 tokaido 01
東海道新幹線のN700系(恵 知仁撮影)。

 昨今はネット予約へのニーズがさらに高まっていることがその理由とのこと。JR東海は、「ネット予約&チケットレス乗車サービス『エクスプレス予約』または『スマートEX』をご活用ください」としています。

 発売終了日までに購入した新幹線回数券は、有効期間終了日まで利用可能です。

【了】

【一覧表】発売終了になる「新幹線回数券」の区間

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. よほど「都区内」「市内」が嫌なんだろうな…

  2. 余計なお世話かもしれんが、スマートEXでICカードで改札通ると出てくる紙の座席案内表がもったいない!とも思う。

  3. Второй вариант полного содержания объявления