「レオライナー」 4月から電気量の全てを実質CO2排出ゼロで運行 西武

「レオライナー」が電気量の全てを実質CO2排出ゼロで運行します。

東京電力エナジーパートナーの協力で

 西武鉄道は2021年3月31日(水)、2021年4月1日(木)から山口線(レオライナー)で使用する電気量の全てを実質CO2排出ゼロで運行すると発表しました。

Large 210330 sochoku 01

拡大画像

西武鉄道山口線で運行する8500系電車(2021年3月、伊藤真悟撮影)。

 これは、西武鉄道で運営する「西武武山ソーラーパワーステーション」が発電する環境価値が付いた電力で賄うことによるもの。東京電力エナジーパートナーの協力により非化石証付電力供給を実現。太陽光発電由来の環境価値が付いた電力による通年・全列車の運行を行います。

 西武鉄道によると、自社太陽光発電由来の環境価値が付いた電力による通年・全列車の運行は日本初とのこと。年間約300t排出していたCO2を実質ゼロで運行することが可能だそうです。

 対象路線は山口線本線だけでなく、車庫内も含まれます。また、8500系電車の車内には太陽光発電で動いていることを説明するステッカーが掲出されます。

【了】

【画像】8500系電車の車内に掲出されるステッカー

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント