JAL 飛行停止中のP&Wエンジン搭載ボーイング777全機退役へ

GE製エンジン搭載の777型機はこの後も使われます。

飛べない777型機は一掃

 JAL(日本航空)は2021年4月5日(月)、国内線で使用していたボーイング777型機について、P&W(プラット&ホイットニー)社製エンジンを搭載する7機を2020年度末で退役させたと発表しました。

Large 210405 jal772 01

拡大画像

JALと合併前のJAS(日本エアシステム)が導入したボーイング777-200型機の初号機「JA8977」。合併後JAL機となり2020年8月まで使用されていた(2017年5月、柘植優介撮影)。

 7機の内訳は、777-200型機が5機、長胴型の777-300型機が2機。当初JALは、全機退役を2021年度内、すなわち2022年3月までとしていたものの、2020年12月に同社777-200型機、那覇発羽田行きのJL904便で起きたエンジン不具合による重大インシデントなどにより、2021年2月21日以降、運航を停止しているなか、運航再開の時期が未定であることを鑑みて、経済性の観点から2020年度内に退役させることにしたといいます。

 これに伴い、新型のエアバスA350型の伊丹空港発着路線への就航を前倒しで進めるほか、国際線仕様機材を国内線へ転用するなどの対応を採ることで、提供座席数を確保するとしています。

 なお、JALではGE(ゼネラル・エレクトリック)社製エンジンを搭載したボーイング777型機も使っていますが、こちらは運航を続けます。

【了】

【写真】777-200ベースの特別塗装機(W杯・東京五輪)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント