クルマの免許取得年齢「18歳」が4割 返納の動機は「身近な人の返納」? パーク24調べ

待ちに待った開始年齢、という感じでしょうか。

返納の予定は「70代のうちに」が大多数

Large 210409 menkyo 01
運転免許証のイメージ(画像:写真AC)。

 駐車場「タイムズパーキング」などを運営するパーク24が今年2月、ドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」の会員を対象に、運転免許に関するアンケートを実施しました。

 自動車の免許を取得した年齢は、18歳という回答が最も多く、全体の38%にも。19歳(16%)、20歳(20%)と合わせると、4人に3人が20歳までに免許を取得しているという結果でした。

 免許の取得理由については、最も多かったのが「運転したかった」で全体の34%。続いて「運転免許証の取得が当たり前だと思っていた」(31%)、「運転できないと生活に困る」(18%)が上位に入っています。「身分証明書として使う」という回答は5%にとどまりました。

 一方、免許の自主返納についてのアンケートでは、家族や友人など身近に返納した人が「いる」と答えたのが3割でした。その年齢は、「75~79歳」(28%)、「80~84歳」(26%)と並び、「70~74歳」(20%)となっています。65歳以下での返納は全体の13%でした。

 自分自身の返納について考えたことが「ある」と答えた人は全体の1割でしたが、その中で身近に返納した人が「いる」と答えた人は、全年代で「いない」と答えた人よりも多い結果に。返納に踏み切るのきっかけのひとつに、身近な返納者の存在があることが、示唆されています。

 なお、自分が返納を予定する年齢については、「70歳」が36%と最多で、80歳以上と回答したのはわずか2%にとどまりました。

 アンケートは2021年2月15日から21日まで、会員向けのインターネットアンケートにて実施され、有効回答数6816人となっています。

【了】

【免許の取得、返納についてのアンケート結果】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント