危うく免許失効の危機! 新型コロナ下の「運転免許更新」に潜む罠とは?

新型コロナの流行は、社会生活をも一変させました。普通自動車の運転免許更新も、その影響を受けたひとつでしょう。普段とは勝手の異なるなかで危うく失効しそうになってしまったお話のなかに、気を付けるべきポイントがうかがえます。

すぐには更新できないコロナ下の「運転免許更新」

 2020年4月15日、警視庁は新型コロナによる緊急事態宣言を受け、運転免許証の更新手続きについて当面のあいだ休止することを発表。これにモロに巻き込まれた筆者(喜多 雅:ライター/シナリオライター)は、危うく運転免許を失効する事態に直面しました。結論からいうと更新は間に合ったのですが、なぜそのようなことになったのか、以下はその言い訳の一部始終です。

Large 200903 un 01

拡大画像

新型コロナ下の新宿免許更新センターには、従来とは異なる光景が(喜多 雅撮影)。

 最初に個人的なお話で恐縮なのですが、筆者の誕生日は5月6日です。恒例の免許更新を知らせるハガキが我が家に届いたのは、3月末だったでしょうか。ハガキには誕生日の前後1か月、計2か月のあいだに手続きをするようにと、いつも通りの内容が記されています。そのうちヒマを見つけて行こうと、このときは呑気に構えていました。

 誤算だったのは、4月7日に新型コロナ感染拡大を受け、政府の緊急事態宣言が発出されたことです。これにともない、上述のように警視庁は運転免許更新手続きの休止を同月15日に発表。それまでに1週間あまり、筆者には更新するチャンスがあったわけですが、みすみすそれを逃してしまったわけです。

 それでもこのときは、いずれ更新業務を再開するだろうと考えていたわけですが、ご存知のようにコロナ禍は一向に収束しませんでした。やがて誕生日を迎えたころには、少々焦りを覚え始めます。

【写真】延長手続きした人は一度確認してみてほしい「免許証の裏」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント