横浜 保土ヶ谷BP沿いの団地で自動走行の路線バス営業運行へ 実証の結果 相鉄バス

営業走行も目前だそうです。

左近山団地で9日間の実証を終えて

Large 210412 sakonyama 01

拡大画像

左近山団地で実証が行われた自動走行の相鉄バス(画像:相鉄)。

 相鉄バスが2021年3月29日(月)から4月9日(金)までの9日間、保土ヶ谷バイパス沿いに広がる横浜市旭区内の左近山団地内にて、大型路線バスの実証走行を行いました。群馬大学および同大発のベンチャー企業「日本モビリティ」と共同で行ったもので、相鉄バスが公道で路線バスの自動走行を行うのは、今回が初だそうです。

「左近山第1」バス停から「左近山第5」バス停のあいだ往復約2.7kmのコースで合計36便を運行。最高25km/hで走行し、区間内にある5つのバス停すべてに停車しました。なお、今回の試験走行区間は、平日ピーク時に1時間あたり23本、1日に263本の路線バスが走っている区間だそうです。

 運転席に運転士を配置した自動運転「レベル2」での走行で、運転士は異常時に手動で操作するほか、車両と営業所間でテレビ電話を通じた遠隔監視を行ったそうです。なお、一部バス停への正着(縁石にタイヤを可能な限り近づけて停車すること手動でハンドルを操作したといいます。

 体験乗車した一般の人からは、次のような感想が寄せられているそうです。
・「素晴らしい!これは多くの団地住民に乗ってもらわないといけない!今から夏が楽しみ!」(40代主婦)
・「思ったよりちゃんと走っていた。早く自動(無人)運転になってほしい」(60代女性)

 相鉄バスは2021年夏にも、左近山地区において営業運行による実証実験を行う予定だそうです。

【了】

【写真と路線図】手放し走行中の車内/運行区間の地図

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 速度が遅くて後続便に抜かれまくるダイヤらしいけど、その速度でロンチするんだろうか?