ホンダ 上海モーターショーで「Honda SUV e:prototype」を初公開 量産車は2022年春

ホンダの目標は「2050年にカーボンニュートラルを実現する」だそう。

2022年春に量産車を発売予定

 ホンダは2021年4月19日から中国・上海で開催中の「2021年上海モーターショー」において、中国初となるHondaブランドによる電気自動車(EV)のプロトタイプモデル「Honda SUV e:prototype(ホンダ エスユーブイ イープロトタイプ)」を初公開しました。

Large 210419 hondae 01

拡大画像

初公開された「Honda SUV e:prototype」(画像:ホンダ)。

 同社は今後5年以内に10機種のEVを投入する予定で、その第1弾として「Honda SUV e:prototype」をベースとする量産モデルを2022年春に発売する計画といいます。

 なお、上海モーターショーのHonda四輪ブースでは、広汽Hondaとして初となるプラグインハイブリッド搭載モデル「BREEZE PHEV」なども展示しているとのことです。

【了】

※一部修正しました(4月19日17時45分)。

【写真】中国版CR-V「ブリーズ」のPHEVタイプ

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 国内向けはどうでも、カーボンニュートラルに沿ってて、しかも電動でないと輸出できなくなるかもしれませんものね。

    • 日本のクルマ好きのためにもまずは国内電子部品メーカーを応援しなきゃですね。
      車載チップの国内自給率を早く100パーセント以上にしないと日系メーカーは自由に電動カーを生産できなくなってしまう。