小田急で「子育て応援トレイン」5月に運行「泣き出しても温かく見守って」

「LOVE for BABY」プロジェクトの一環として行われます。

3000形電車の1編成を使用

Large 210422 odakyu 01

拡大画像

「子育て見守り車両」の窓ステッカー(画像:小田急)。

 小田急電鉄は2021年4月22日(木)、子育てをする人々に寄り添いたいという想いから立ち上げる「LOVE for BABY」プロジェクトの一環として、啓発のためのポスターなどが掲載された「子育て応援トレイン」を5月中に運行すると発表しました。

「子育て応援トレイン」は3000形電車のうち1編成で実施されます。車内広告は子育て層の気持ちや、知ってほしいおでかけ環境などの情報が記載されたポスターでジャックされるほか、新宿側の先頭車両は日中に「子育て見守り車両」として運行されます。

「子育て見守り車両」では車内の床面や壁に特別装飾を実施。「泣き出してしまったお子さまを温かく見守ってほしい」との想いから、窓ステッカーでも「みなさまのご理解とご協力をお願いいたします」と呼びかけています。

「子育て応援トレイン」の運行は5月2日(日)から30日(日)まで行われます。

【了】

【「子育て見守り車両」の車内イメージ】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. トレインではなくて、何号車かにベビーは無礼講という車両が欲しいですね。