【今日は何の日?】富山ライトレールが開業

4月29日、JR富山港線を引き継いだ富山ライトレールが開業しました。

 2006(平成18)年の4月29日、JRの路線を引き継いで、富山ライトレール富山港線が富山駅北~岩瀬浜間で開業しました。

Large 210429 toyama 01

拡大画像

富山ライトレールの富山駅北停留場。富山駅停留場の整備完了にともない、2020年に廃止(2012年4月、中島洋平撮影)。

 1924(大正13)年に富岩鉄道が富山口~岩瀬港間で開業。戦時中に国有化されたあと、国鉄民営化に伴いJR富山港線となりました。JR時代末期は運行本数が1日20本、岩瀬浜行きの終電は21時30分ごろと決して便利とは言えないダイヤとなっていました。

 北陸新幹線の建設に伴う富山駅高架化を発端に、富山港線の存廃問題が立ち上がります。そこで富山市が主体の第三セクターを設立し、低床車両を導入してLRT化することになりました。

 富山ライトレール開業後、4つの新停留場が開業し、運行本数は3倍以上に増加。利便性向上が奏功し、開業初年で利用者もほぼ倍増するなど好調なスタートとなりました。2020年2月に富山ライトレールは富山地方鉄道と合併。市内電車と呼ばれる富山駅南側の路線との一体的な運行も開始しています。

【了】

【今も残るJR時代のホームと駅舎】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 子供の頃にはまだスカイブルーの旧国が走っていたので、いつかはお金を貯めて乗りに行きたいと思っていたのですが、あっという間に旧国は引退し、475に置き換わったと思ったら、路面電車になっていました。でも、このまま末長く走ってもらいたいものです。
    ちなみに、大人になり旅行代は貯まりましたが、今度は子供の頃と違い時間の方が無くまだ行けていません。