イギリス海軍「クイーン・エリザベス」空母打撃群を極東へ派遣 日本にも寄港

空母「クイーン・エリザベス」の来日が決まりました。

イギリス空母が日本近海含む西太平洋へ

 在日イギリス大使館は2021年4月26日(月)、イギリス海軍が「クイーン・エリザベス」空母打撃群を極東へ向けて派遣することを明らかにしました。

 発表によると出航は5月、28週間にわたる航海を予定しているとのことで、インドやシンガポール、韓国などに立ち寄ったのち、日本へ来航するとしています。

Large 210426 qecsg 01

拡大画像

イギリス海軍の空母「クイーン・エリザベス」(画像:イギリス大使館)。

「クイーン・エリザベス」空母打撃群は、2017年に就役したイギリス海軍史上最大級の空母「クイーン・エリザベス」を中心に駆逐艦や補給艦などで構成された艦隊で、「クイーン・エリザベス」には最大40機のF-35B「ライトニングII」戦闘機を搭載することが可能です。

【了】

【写真】駆逐艦や補給艦などを従えた空母「クイーン・エリザベス」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 豪華客船みたいな艦名だ!

  2. 日本近海に空母の数が増える‼︎